« 配線図集 購入 | Main | ブーツ交換 »

プリウスの低体温症(^^;

泊まりで乗鞍高原スキー場に行って来たのですが、今朝、プリウスが今までに見たことのない症状(^^;を示しました。おそらくは、あまりに冷えすぎて、少々おかしかったんだと思います。

#どのくらい寒かったかというと、飲み残して車内に置いておいたペットボトル入りのミルクティーの一部が凍っていたくらい(笑)

どんな症状だったか、箇条書きでメモっておきます。

 ・起動した時点から、カメマーク点灯。
 ・しかし、エネルギーモニターの表示では駆動用バッテリーの残容量は通常のレベル。
  充電を優先するような動作も無し。
 ・走行も特に異常なく普通通りに可能。
 ・モニターの表示気温が、3℃。氷点下のはずなので、センサー異常?
 ・起動直後から、ファンが最大風量レベルで動作。正常なら、エンジンが暖まるまでは
  風量は抑えて、エンジンが暖まるに連れて風量も増大するので、最初から風量が
  大きいと言うことは、温度の測定が正しく行われていなかった?

とまぁ、こんな様子で、異常な状態でした。システムを一度止めて、再起動しても症状は同様。
そのまま10分ほど走行したら、カメも消え、普通の状態に戻りました。

あまりに温度が下がって、どっかおかしかったんですね。エンジンの冷却水が凍っていた、なんてことは・・・ もしかしたらあったんでしょうか(^^;

|

« 配線図集 購入 | Main | ブーツ交換 »

Comments

The comments to this entry are closed.