« 見えるラジオ復活 | Main | 静電防止プレートをもっと便利な場所に! »

ETC車載器を装着。でも外からは見えない(^^)

ETC普及促進キャンペーンの「車載器リース制度助成」に釣られ、それ以上に単に車載器を装着してみたい、という動機で(笑)ETC車載器を装着しました。

  ※「リース制度助成」ですが、割賦販売も助成対象です。詳細は
     http://www.orse.or.jp/monitor/index.html
   を参照してください。ただし、2005年9月30日までのキャンペーンです。
    ・・・もっとも、また形を変えたキャンペーンがあるかもしれませんが。


セットアップ済み車載器です。三菱電機のEP-424Bを選びました。本体、アンテナ、スピーカーの3ピース構成です。アンテナはダッシュボード内、本体はグローブボックス内に取り付けるつもりだったので、アンテナ部分がなるべく小さいこと、スピーカーも分離していること、と考えて選ぶと、この機種になりました。
申し込んで車検証のコピーを送ると、セットアップを行った車載器を送付してくれる業者から、割賦販売扱いで購入しました。
etc_unitant

センターメーターのカバーを外しました。そして、どこに取り付けようか小一時間考えました。アンテナの前方からほぼ垂直方向まで、金属の遮蔽物があってはいけませんし、アンテナの角度もほぼ水平からやや前傾までの指定になってましたし。最後の手段はダッシュボード内をあきらめて、ダッシュボード上に貼り付けることですが・・・
meter_without_cover

なんとか大丈夫そうな場所を見つけました。ちょうど隙間に収まりました。両面テープを使わずとも問題ないくらいです(^^) もうちょっとでもアンテナが大きかったら、はまらならいところでした。カバーのリブに干渉しないように、位置決めしています。
ETC_ANT_on_prius

見る角度を変えた写真です。センターメーターのユニットと、ダッシュボードの隙間にちょうどはまっているのがよくわかるかと思います。アンテナ線が横向きに出ていますが、車載器の説明書によると、アンテナの回転方向の角度は任意ということだったので、横出しにしました。通常は前もしくは後ろ向きにアンテナ線が出るように取り付けるかと思いますが、横向きでもちゃんと動作しています。
ETC_ANT_on_meter

カバーを戻しました。中にアンテナがあるなんてわかりません(^^)
meter_with_cover

配線をしているところです。エアコンのフィルターを交換する場合の手順に従い、グローブボックスをがばっと大きく開いて作業しています。カーオーディオや、アンテナブースターなどもあるため、コンソール内は配線材だらけになっています(^^; たばねて押し込んでおく隙間はいくらでもあるので、問題ないですが。
ETC_under_const

本体はグローブボックス内に貼り付けました。コンソール内、ダッシュボード裏へは隙間だらけ・・・ というか大きく開いているので、配線も問題ありません。
ETC_unit_in_box

スピーカーは助手席側の足下に貼り付けました。車外から見て、ETC車載器が装着されていることがわかる唯一のものです。まぁ、このスピーカーは足下で見えにくいですし、アンテナ&車載器がまったく見えないだけでも、防犯上はかなり良いかな、と思っています。
ETC_sp


アンテナをダッシュボード内に設置したので、正しく動作するかどうか、ETCゲートを通る時はドキドキしました(^^; しかし、無事にゲートのバーは開いてくれました。

以上、車載器を選べば、すっきりと車載器を装着できる、という事例の紹介でした。

|

« 見えるラジオ復活 | Main | 静電防止プレートをもっと便利な場所に! »

Comments

The comments to this entry are closed.